全てがメソッドアクティング目的か否かはさておき
今年の2月にはジャレッドのジョーカー映画の企画はたち消えになったと伝えられた
「自分にキレて撮影現場を離れてしまうことが多く
脚本イメージで描き下ろされた映画のサウンドトラックのための出来たばかりの曲(スコア)をプレイし
共演シーンがないながらも恋愛に発展したのが
今作のようなシリアス路線への”転向”も話題になった
ジョーカーというキャラクターの心理を突き詰めた上での展開だったという
翌08年6月にリースとライアンの離婚が成立
トッド・フィリップスもまたブラッドリーが主演・監督を務めた『アリー/スター誕生』(18)でプロデューサーとしてクレジットされている

『ジョーカー』は確かにホアキンの演技が絶賛されているが

あなたのコンサルタントは、実務まで精通していますか?

キャストが大幅に変わったリローンチになるもので
さらにホアキンが出演したトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ」では
トッド・フィリップスもまたブラッドリーが主演・監督を務めた『アリー/スター誕生』(18)でプロデューサーとしてクレジットされている
ホアキンのコメントで「試写に姉と妹を連れて行った
この曲のシンガーであるゲイリー・グリッターが未成年に対する性犯罪で禁固刑になり
ここにはジャレッドのジョーカーは含まれていない

脚本イメージで描き下ろされた映画のサウンドトラックのための出来たばかりの曲(スコア)をプレイし
2017年夏にトッド・フィリップス監督版『ジョーカー』の製作が伝えられ
全てがメソッドアクティング目的か否かはさておき

ホアキンのブチ切れ事件もジョーカーという孤独で得体の知れないモンスター・キャラと他のキャラとの距離感を出すために有効だったのではないかと思う
今年の2月にはジャレッドのジョーカー映画の企画はたち消えになったと伝えられた
撮影はホアキンと監督(と撮影カメラマン)だけで行われた
スコセッシは脚本が気に入って乗り気だったものの
おかげで昔のような笑いがつくれない」と嘆いたフィリップス監督は
コメディ出身監督ということで賞レースに影響があるのではと心配する向きもあるようだが
【1位】元夫婦のジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー
本当の大物コメディアンのジェリー・ルイスが抜擢されていた
additional と1950年にビバリーヒルズで挙式した際には